個人再生の
解決事例

千葉県在住case148

事情

P様は、自宅マンションを購入後、独立して飲食店を開業しましたが、予想していたほど売上が上がらず、運転資金を賄うため、借入れを始めました。しかし、その後も、店舗経営は上手くいかず、返済のために借入れが増加する一方で、住宅ローンも滞納するようになってしまいました。自営の店舗は廃業し、途方に暮れる中で相談に来られました。

千葉県在住case147

事情

N様は、交通事故を起こしてしまい、その損害賠償金を捻出するため、借入れを始めました。その後も、車両の買替費用などで借入れをし、次第に、返済のために借入れをせざるを得ない悪循環に陥ってしまいました。

茨城県在住case146

事情

M様は、子が2人とも医学系の大学に進学することになり、その受験のための予備校費用、入学後の学費を負担することになり、数百万円の借入れを複数回することになりました。また、こうした教育費の負担に加え、親が亡くなった後の実家を解体する費用等も必要になり、住宅ローンを抱える中、返済が困難になってしまいました。

東京都在住case145

事情

H様は、学生時代から物品の購入費や遊興費の支払いをリボ払いで行う生活を続けていたため、就職した時点で既に債務総額が150万円以上になっていました。その後もFX取引によって100万円近くの損失を出し、その補填のために更に借入れを行うようになり、次々と借入先を増やしていき、その結果、毎月の返済が追いつかず滞納するようになったため、ご相談に来られました。

東京都在住case144

事情

L様は、株式投資をするため、短期間で300万円を超える借入れをしましたが、結果、投資に失敗し、返済の負担だけが残ってしまいました。また、投資失敗のストレスなどから、競馬等のギャンブルにのめりこんでしまい、ギャンブル資金を捻出するため、さらに借入れを増やしてしまいました。こうして、返済が困難になってしまいました。

東京都在住case143

事情

I様は、結婚により生活費が増加した補填をするために借入れを始めました。しかし、次第に住宅ローンの返済も困難になったことから、住宅を売却しましたが、住宅ローンが残ってしまい、他の借金も合わせて、これらの返済が困難になってしまいました。

東京都在住case141

事情

D様は、10年以上前に自営業をされていましたが、売上が上がらなかったため、生活費の不足分を借入れで補填していました。その後、自営業を廃業して転職しましたが、仕事上の交際費やパチンコ等の遊興費が増えたため、借入額は増え、次第に自転車操業状態になっていきました。
そのため、D様は別の法律事務所に任意整理手続きを依頼されましたが、給与が減額して毎月の返済が困難となったため、当事務所へご相談に来られました。

千葉県在住case140

事情

E様は、戸建住宅を購入し、住宅ローンを組みました。しかし、その後、勤務先で残業代の支給がなくなり減収したことから、生活費を補填するために借入れを始めました。また、子の大学進学に伴う教育費や、一人暮らしによる仕送りも負担することになり、これらを賄うため、さらに借入れが増えてしまいました。

千葉県在住case139

事情

C様は、以前所有していた住宅の住宅ローンが支払えなくなり、自己破産をしたことがありました。数年後、転勤により収入が減少していたところに、子らの大学進学等のための教育費の捻出をする必要が生じ、借入れに依存するようになりました。

神奈川県在住case138

事情

B様は、6年程前からリボ払いを利用して物品購入や外食費の支払いをするようになり、少しずつ債務が増大していきました。また、1年間程FX取引を行ったことで100万円の損失を出し、その補填をするためにカードローンで借入れをするようになりました。
そして、おまとめローンを利用して完済した業者から再び借入れをするなどして、自転車操業状態となったため、当事務所へご相談に来られました。