個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

愛知県在住case95

事情

Z様は、仕事の関係で部下などの飲食代をおごることが多く、この飲食費を捻出するために借入れを始めました。その後も、趣味のゴルフをしたり、車を購入したりするなどして、借入れは増加していきました。

埼玉県在住case93

事情

X様は、海外旅行等の旅費、洋服・化粧品等の買い物、外食費などの支払いのため、クレジットカードを頻繁に利用するようになりました。また、怪我の手術・入院をしたことで、医療費の負担も増加し、次第に返済が困難になってしまいました。

埼玉県在住case89

事情

U様は、勤務会社からスキルアップのためのセミナーや研修への参加を自己負担で求められる状況が続きました。そして、同時期に親族が病気で倒れ、看病のための費用を支出するようになり、生活費が不足するようになり、借入れを始めました。
その後、勤務会社の業務量の減少に伴う給与カットにより、返済が困難となり、当事務所にご相談に来られました。

千葉県在住case88

事情

S様は、子が生まれたことで、妻が働けなくなり、世帯収入が減少したことから、生活費の補填のため、複数の業者から借入れをするようになりました。また、住宅を購入したことで、住宅ローンの負担も生じることになりました。こうして、返済のために借入を継続するという悪循環に陥ってしまいました。

東京都在住case84

事情

N様は、知人に唆され、自動車を購入の際、自己の名義を貸して二重にローン契約を締結してしまい、その返済のために、複数の業者から借入をするようになってしまいました。知人への責任追及も検討しましたが、音信不通となってしまい、ローンの負担が残ってしまいました。

栃木県在住case83

事情

M様は、戸建住宅を購入した後、東京に転勤・単身赴任となり、地元の家族と二重の生活費がかかりようになりました。また、子の結婚費用等の負担もありました。こうしたことから、借入を始めるようになりました。その後、転職に伴い、無収入の期間があり、生活費の補填や返済のため、さらに借入が増加しました。

千葉県在住case80

事情

J様は、父の債務を分割で返済するために、複数の銀行等から借入れをされていました。しかし、勤務先の売り上げの減少により給与が大幅に減額し、家賃補助等もなくなってしまうことから、これ以上の返済は困難であると判断され、ご相談に来られました。

千葉県在住case76

事情

E様は、貯金で投資を始め、当初、利益を出したことをきっかけに借入をして投資額を増やしていきましたが、次第に損失を出すようになり、その補填のためにさらに投資をして失敗するという悪循環に陥ってしまいました。住宅ローンを抱える中、返済も困難になっていきました。

神奈川県case75

事情

D様は、競馬を中心とするギャンブルにのめり込んでしまい、その資金捻出のため、借入を継続していました。返済が困難になる中で、競馬で当てて返済しようと安易に考えてしまい、さらなる悪循環に陥ってしまいました。

神奈川県在住case73

事情

B様は、会社を休職していた期間の生活費の不足分を補うため複数の銀行から借入れを開始しました。復職後もなかなか給与が増額しなかったため借入れは続き、毎月の返済額が10万円近くになり、これ以上の返済を続けることは不可能であると判断し、ご相談に来られました。