ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

神奈川県在住case185

事情

Z様は、3年ほど前からFX取引を行うようになり、1000万円以上の損失を出してしまい、多額の負債が残りました。家族の協力を得て返済を続けられましたが、元金がなかなか減らず、独力での返済が難しくなったため、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

東京都在住case181

事情

V様は、体調を崩し、無収入の期間があり、この間の生活費を補填するため、借入れを始めました。その後、復職をして稼働するようになりましたが、返済を賄えるだけの収入がなく、返済のために借入れをせざるを得ない悪循環に陥ってしまいました。

埼玉県在住case179

事情

T様は、家族に内緒でギャンブルにのめり込んでしまい、借入れをしてギャンブル資金を捻出するようになっていまいました。その後、ご家族の協力を得て、ギャンブル依存から脱却することはできましたが、200万円以上に膨らんだ債務の返済が困難となり、相談に来られました。

千葉県在住case173

事情

N様は、FX取引によって300万円以上の損失を出し、その補填をするために複数の銀行から借入れをしました。その後、相続をした不動産を抵当に入れて、不動産担保ローンによる借入れで債務を1本化しました。その結果、完済して借入枠が空いた銀行から再度借入れをして生活を回すようになり、自転車操業状態となったため、ご相談に来られました。

静岡県在住case168

事情

I様は、10年ほど前から知人との交際費やパチンコ等の遊興費の借入れを行うようになりました。当初は、借入金額も少なかったため返済が滞ることはなかったが、徐々に借入れ金額が増大していきました。また、勤務会社の残業時間が規制されたことで収入が減少したこともあり、近年は家計状況が悪化していたため、当事務所へご相談に来られました。

東京都在住case161

事情

B様は、数年前からFX取引を行うようになり、クレジットカードを利用して多額の投資をするようになりました。これまでに900万円以上を投資しましたが、その殆どが損失となりました。そして、うつ病の治療のため会社を欠勤することが多くなったことで収入が減少し、生活費や返済費も借入れするようになり、支払いができなくなったため、当事務所へご相談に来られました。

東京都在住case160

事情

A様は,ギャンブルや飲食など浪費的な行動を繰り返したことにより借入れを増加させてしまいました。その後,転職期間中に収入が減少し,返済が困難になってしまいました。そこで,別の法律事務所に債務整理の依頼をしましたが,辞任され,どうしようもできなくなって相談に来られました。

東京都在住case159

事情

Z様は、パチンコ等のギャンブル資金や飲食費のために継続的に借入れをするようになりました。また、交際相手と同居していましたが、交際にあたってトラブルがあり、住居に関する費用を負担することとなり、返済が困難になってしまいました。

千葉県在住case151

事情

G様は、給与が歩合制だったため、毎月の給与の変動の幅が大きく、営業成績が伸びなかった月の生活費を補填するため、複数の業者から借入を行っていました。また、FX取引によって数百万円の損失を出したこともあり、返済が困難となったためご相談に来られました。

東京都在住case145

事情

H様は、学生時代から物品の購入費や遊興費の支払いをリボ払いで行う生活を続けていたため、就職した時点で既に債務総額が150万円以上になっていました。その後もFX取引によって100万円近くの損失を出し、その補填のために更に借入れを行うようになり、次々と借入先を増やしていき、その結果、毎月の返済が追いつかず滞納するようになったため、ご相談に来られました。