個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

千葉県在住case153

事情

Q様は、10年程前から、物品購入費や友人らとの交際費の支払いに充てるために、キャッシングやリボショッピングを頻繁に利用するようになりました。そして、少しずつ返済額が多くなっていったため、借入先を増やし、返済のための借入れをするようになり、債務が増大していきました。また、パチンコにも150万円以上費消し、生活がいよいよ厳しくなったため、ご相談に来られました。

東京都在住case130

事情

M様は、数年前から、子の高校の学費や塾・予備校代の借入れを頻繁に行うようになりました。そして、その返済に追われ、生活費のために更なる借入れを続けた結果、毎月の給与を上回る返済額となったため、これ以上の返済は困難であると判断され、ご相談に来られました。

東京都在住case122

事情

G様は、数年前からインターネット上の有料占いサイトにのめり込み、保有していたクレジットカードのリボ払いで多額の支払いをするようになりました。また、収入減による生活費の不足分を借入れで賄うようにもなった結果、支払いが困難となったため、ご相談に来られました。

千葉県在住case113

事情

X様は、数年前からパチンコやスロット等のギャンブルを行うようになり、当初は自身の収入の範囲内で投資をしていましたが、負けを取り戻すために複数の業者から頻繁に借入れをするようになりました。そして、気付いた時には首が回らない状況になり、ご相談に来られました。

埼玉県在住case103

事情

H様は、長年勤務していた会社の事業縮小により転職を余儀なくされ、その結果月収が大幅に減少したため、借入れを始められました。そして、住宅ローンの支払いを優先したため、生活費・返済費が不足するようになり、自転車操業状態となったため、ご相談に来られました。

埼玉県在住case100

事情

E様は、契約社員として勤務を続けられてきましたが、給与がなかなか増額せず、生活費の不足分を頻繁に借入れるようになりました。その後、ご結婚をされたことで更に支出が増大し、お支払いが困難になったため、ご相談に来られました。

東京都在住case98

事情

C様は、買い物や持病の通院治療費の支払いにあてるため、継続的にクレジットカードを利用していました。職場での配置転換により収入が減少したことをきっかけとして、返済が困難となり、返済のために借入を繰り返さざるを得ない悪循環に陥ってしまいました。

千葉県在住case94

事情

住宅購入後、妻と折り合いが悪くなり、離婚をすることになりましたが、これにより、妻の収入を家計に入れることができなくなり、生活費が不足するようになったことから、借入れをするようになりました。その後、ギャンブルをするようになり、その資金を捻出するため、さらに借入れが増加しました。返済が困難になった後、一度任意整理での解決を図りましたが、病気等で収入が減少し、返済原資を確保することができなくなってしまいました。

千葉県在住case90

事情

V様は、自動車の購入や別居・離婚に伴う婚姻費用・養育費の支払いのため、複数の業者から借入をするようになりました。

長野県在住case86

事情

Q様は、病気や仕事のストレスから衝動的に買い物を繰り返すようになり、キャッシングやショッピングでカードを頻繁に利用するようになりました。その後、返済のために借入れを継続しなければならない状況が続き、ご自身ではどうしようもできなくなりご相談に来られました。