個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

長野県在住case86

事情

Q様は、病気や仕事のストレスから衝動的に買い物を繰り返すようになり、キャッシングやショッピングでカードを頻繁に利用するようになりました。その後、返済のために借入れを継続しなければならない状況が続き、ご自身ではどうしようもできなくなりご相談に来られました。

東京都在住case78

事情

F様は、服等の物品購入費や飲食費をリボ払いで支払う生活を数年間続けられていました。その結果、毎月の返済額が増大し、このままではより支払いが困難な状況になると考え、当事務所にご相談に来られました。

神奈川県在住case70

事情

Y様は、複数の業者から生活費及び遊興費のための借入れを行うようになり、リボ払いによる借り入れであったため次第に債務が増大し、支払いが困難な状況になったため、ご相談に来られました。

神奈川県在住case66

事情

U様は、仕事のストレスを解消するため、パチンコや飲食で遊興するようになり、借入を始めました。その後、おまとめローン等を利用するも、思うように収入が上がらず、次第に返済に苦しむようになってしまいました。

東京都在住case59

事情

M様は、美容費や生活費の不足分を借入れるため、複数の業者との間でローンを組んだり、リボショッピングを利用したりしていました。当初は、毎月遅れることなく返済していましたが、転職したことで収入が半減し、自転車操業状態になったため、ご相談に来られました。

東京都在住case55

事情

大学卒業後、契約社員として就業していましたが、平成23年の震災以降、派遣契約の終了が相次ぎ、転職を重ねる内に、生活費の補填としての借入が増加していきました。
当所に来られる前に、任意整理を行って、月約4万円の返済を約3年間続けていらっしゃいましたが、ご自身の医療費の増加等により、返済が困難となっていました。

埼玉県在住case49

事情

C様は、自宅の購入及びお子さんの出生をきっかけに、住宅ローン返済後の生活費の補填や教育費に充てるために借入れが増加していきました。

神奈川県在住case48

事情

B様は、配偶者の事業費や生活費の補填、ご自身の生活費の補填のために借入れが増加していました。

千葉県在住case44

事情

X様は勤務先が倒産して、やむを得ず転職した結果、手取月収が10万円程度減ってしまったことから、元々利用のあったショッピングの返済のために借入をはじめ、徐々に借入が増えてしまいました。

埼玉県在住case36

事情

P様は、20年ほど前に離婚した際に約束した養育費の支払いに行き詰って借入をはじめ、その後無職の期間ができたりしたことから、負債が増えてしまいました。