個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

東京都在住case141

事情

D様は、10年以上前に自営業をされていましたが、売上が上がらなかったため、生活費の不足分を借入れで補填していました。その後、自営業を廃業して転職しましたが、仕事上の交際費やパチンコ等の遊興費が増えたため、借入額は増え、次第に自転車操業状態になっていきました。
そのため、D様は別の法律事務所に任意整理手続きを依頼されましたが、給与が減額して毎月の返済が困難となったため、当事務所へご相談に来られました。

千葉県在住case139

事情

C様は、以前所有していた住宅の住宅ローンが支払えなくなり、自己破産をしたことがありました。数年後、転勤により収入が減少していたところに、子らの大学進学等のための教育費の捻出をする必要が生じ、借入れに依存するようになりました。

神奈川県在住case138

事情

B様は、6年程前からリボ払いを利用して物品購入や外食費の支払いをするようになり、少しずつ債務が増大していきました。また、1年間程FX取引を行ったことで100万円の損失を出し、その補填をするためにカードローンで借入れをするようになりました。
そして、おまとめローンを利用して完済した業者から再び借入れをするなどして、自転車操業状態となったため、当事務所へご相談に来られました。

広島県在住case131

事情

O様は、単身赴任で一人暮らしをするようになってから、仕事上の付き合いで飲み会や競馬等のギャンブルの支出がかさむようになり、借入れを繰り返すようになりました。

そして、おまとめローンで全額返済をした業者から再び借入れをするなどしたため、債務が膨れ上がり、返済困難となったため、ご相談に来られました。

東京都在住case130

事情

M様は、数年前から、子の高校の学費や塾・予備校代の借入れを頻繁に行うようになりました。そして、その返済に追われ、生活費のために更なる借入れを続けた結果、毎月の給与を上回る返済額となったため、これ以上の返済は困難であると判断され、ご相談に来られました。

埼玉県在住/case129

事情

L様は、結婚式の費用を捻出するため、借入れを始めました。その後、夫の仕事が上手くいかなかったことから、夫の経費や生活費を補填するため、さらに借入れを繰り返すようになり、返済が困難になりました。

千葉県在住case126

事情

N様は、所有する車をたびたび買い替えたり、改造をしたりするなど、趣味の車に多額の出費をし、これらの車両費を捻出するために、借金をしました。その後、返済が困難になり始め、別の弁護士に個人再生の依頼をしましたが、その弁護士に辞任されてしまい、当事務所に相談に来られました。

埼玉県在住case125

事情

J様は、実家に対する援助や自身でのギャンブル資金のために借入れを始め、さらに、車を購入する際にローンを組むなどして、次第に返済が困難になってしまいました。以降、返済のために借入れを繰り返さざるを得ない状況になりました。

東京都在住case124

事情

I様は、転職とそれに伴う引越しを繰り返し、転職期間中の収入の補填と、引越し費用の捻出のため、借入れを継続するようになりました。また、以前の勤務先において残業代の未払いもあり、次第に返済が困難になってしまいました。

埼玉県在住case123

事情

H様は、職場の配置転換による収入減によって、生活費が半減したため,複数の業者から借入れを始めました。その後も収入状況は改善されなかったため借入額が増大し、子の高校の授業費も借入れで補填していたため、次第に自転車操業状態になり、返済が困難となったためご相談にこられました。