個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

東京都在住case175

事情

P様は、妻の家業を引き継ぎ、個人自営で事業を展開していましたが、大口の取引先が倒産し、売掛金が回収不能になったことをきっかけに、複数の金融機関から融資を受け、何とか資金繰りを回していました。しかし、返済のために、さらに借入れやカード利用を継続しなければならず、廃業をした上で、債務整理をしようと考えていました。

千葉県在住case166

事情

G様は、地方から都内に出張するにあたって、交通費等の決済のため、クレジットカードの利用を開始しました。その後、引っ越し費用、飲食費、趣味・娯楽費(ゲーム等)を捻出するため、複数の業者からも借入れをするようになりました。その後、うつ病に罹患し、会社を休職することになったため、返済が困難になってしまいました。

東京都在住case164

事情

E様は、住宅購入後、妻と折り合いが悪くなり、ストレスの捌け口として競馬にのめりこみ、この資金を捻出するため、借入れを始めました。競馬のための借入れは続き、次第に住宅ローンの返済まで困難になるようになりました。

埼玉県在住case163

事情

D様は、子の大学費用の補填のために複数の銀行から借入れを始めました。また、10年ほど前からFX取引を行うようになり、数百万円の損失を計上しました。そして、その穴埋めをするため、複数の金融機関からの借入金をFX取引に投資するようになり、セミナーや商材にも手を出すようになりました。しかし、利益を上げることはできず、多額の負債が残り、返済が困難になったため、ご相談に来られました。

千葉県在住case150

事情

U様は、自宅購入した際、ソーラーパネルを設置したり、家財道具を新調したりするために借入れを始めました。その後、妻と折り合いが悪くなり、妻や子らと別居することになりましたが、その婚姻費用(生活費)を負担するようになり、その捻出や返済のためにさらに借入れが増加していきました。

千葉県在住case147

事情

N様は、交通事故を起こしてしまい、その損害賠償金を捻出するため、借入れを始めました。その後も、車両の買替費用などで借入れをし、次第に、返済のために借入れをせざるを得ない悪循環に陥ってしまいました。

東京都在住case115

事情

Z様は、元夫を離婚する際、慰謝料を負担することとなったばかりか、元夫が親権者となった子らの養育費も負担することになりました。離婚後、慰謝料や養育費の支払いに追われ、徐々に借入れに依存するようになりました。
また、勤務先が遠方であったため、残業があると、タクシーなどで帰宅することもあり、交通費の負担も増えました。こうして、1300万円を超える負債を抱え、どうしようもできなくなって相談に来られました。

千葉県在住case108

事情

M様は、副業で始めた販売業が上手くいかず、商品仕入れのために借り入れた借金の返済が残ってしまいました。また、知人と共同での自動車購入の際、知人とトラブルになり、自動車ローンの負担も負ってしまいました。結果、1300万円を超える負債を抱え、どうしようもできなくなって相談に来られました。

埼玉県在住case79

事情

I様は、自宅を購入した後、病気を患い、短時間の勤務しかできなくなったことから、収入が減少してしまいました。そのため、住宅ローン返済や生活費の補填のため、長期間にわたって借入に依存するようになってしまいました。

神奈川県在住case71

事情

Z様は、離婚した元妻(2人の子らの親権者は元妻)に対する養育費の支払いに困窮する中、子らの大学や高校進学に伴う教育費の追加援助で借入が増加してしまいました。