個人再生の
解決事例

住宅ローン※必須
借金の金額※必須
借金の原因※必須

東京都在住case160

事情

A様は,ギャンブルや飲食など浪費的な行動を繰り返したことにより借入れを増加させてしまいました。その後,転職期間中に収入が減少し,返済が困難になってしまいました。そこで,別の法律事務所に債務整理の依頼をしましたが,辞任され,どうしようもできなくなって相談に来られました。

東京都在住case159

事情

Z様は、パチンコ等のギャンブル資金や飲食費のために継続的に借入れをするようになりました。また、交際相手と同居していましたが、交際にあたってトラブルがあり、住居に関する費用を負担することとなり、返済が困難になってしまいました。

栃木県在住case158

事情

S様は、数年前から外食費や物品購入費をクレジットカードで支払うようになりました。特に、ブランド物の時計を複数購入したため、債務が増大していきました。さらに住宅ローンの支払いにも追われて生活費が不足し、借入をしなければ生活が回らない状況が続いたため、当事務所へご相談に来られました。

埼玉県在住case157

事情

Y様は、夫が開始した事業の連帯保証人となりましたが、経営がなかなか軌道に乗らず、多額の債務を支払うようになりました。また、ご自身の名義で組んだ住宅ローンの返済もあり、生活費が不足するようになったため、ご相談に来られました。

埼玉県在住case156

事情

R様は、ご自身の事業の開業資金として、銀行から多額の融資を受けました。しかし、利益を上げることができず、債務が増大し、生活費や住宅ローンを借入れで補填する状況が続きました。その後、事業を閉鎖して正社員として就職をしましたが、毎月の返済が追いつかなかったため、当事務所へご相談に来られました。

東京都在住case155

事情

X様は、洋服等の買い物代金や旅行費用の支払いのため、複数のクレジットカードを頻繁に利用して、次第に返済が困難になってしまいました。

茨城県在住case154

事情

T様は、加齢による体調不良もあり、今後は派遣社員やアルバイトとして収入を得ていくことは難しいと判断し、広告料等の収入で生活費を得ることを考え、多数の情報商材を購入しました。しかし、詐欺まがいの情報商材もあり、安定して収入を得られるものはありませんでした。その結果、情報商材購入のための借入金のみが残り、返済が困難となったためご相談に来られました。

千葉県在住case153

事情

Q様は、10年程前から、物品購入費や友人らとの交際費の支払いに充てるために、キャッシングやリボショッピングを頻繁に利用するようになりました。そして、少しずつ返済額が多くなっていったため、借入先を増やし、返済のための借入れをするようになり、債務が増大していきました。また、パチンコにも150万円以上費消し、生活がいよいよ厳しくなったため、ご相談に来られました。

埼玉県在住case152

事情

H様は、専門学校時の奨学金の返済とうつ病に罹った際の生活費を補填するために、複数の銀行のカードローンを利用するようになり、債務が増大していきました。そして、消費者金融会社からも借入れをするようになり、返済が困難となったため、司法書士事務所で任意整理手続を依頼されました。しかし、毎月10万円以上の返済を続けていくことが難しかったため、当事務所にご相談に来られました。

千葉県在住case151

事情

G様は、給与が歩合制だったため、毎月の給与の変動の幅が大きく、営業成績が伸びなかった月の生活費を補填するため、複数の業者から借入を行っていました。また、FX取引によって数百万円の損失を出したこともあり、返済が困難となったためご相談に来られました。