個人再生の
解決事例

東京都在住case127

事情

K様は、コンサルタント業者として独立した際の開業資金に充てるため、複数の銀行から融資を受けるようになりました。しかし、事業の利益が上がらず、徐々に返済が困難になってしまいました。
そのため、自営業を辞めて安定収入の得られる仕事に転職しましたが、滞納していた税金の差押えを受ける等して返済が困難となり、ご相談に来られました。

千葉県在住case126

事情

N様は、所有する車をたびたび買い替えたり、改造をしたりするなど、趣味の車に多額の出費をし、これらの車両費を捻出するために、借金をしました。その後、返済が困難になり始め、別の弁護士に個人再生の依頼をしましたが、その弁護士に辞任されてしまい、当事務所に相談に来られました。

埼玉県在住case125

事情

J様は、実家に対する援助や自身でのギャンブル資金のために借入れを始め、さらに、車を購入する際にローンを組むなどして、次第に返済が困難になってしまいました。以降、返済のために借入れを繰り返さざるを得ない状況になりました。

東京都在住case124

事情

I様は、転職とそれに伴う引越しを繰り返し、転職期間中の収入の補填と、引越し費用の捻出のため、借入れを継続するようになりました。また、以前の勤務先において残業代の未払いもあり、次第に返済が困難になってしまいました。

埼玉県在住case123

事情

H様は、職場の配置転換による収入減によって、生活費が半減したため,複数の業者から借入れを始めました。その後も収入状況は改善されなかったため借入額が増大し、子の高校の授業費も借入れで補填していたため、次第に自転車操業状態になり、返済が困難となったためご相談にこられました。

東京都在住case122

事情

G様は、数年前からインターネット上の有料占いサイトにのめり込み、保有していたクレジットカードのリボ払いで多額の支払いをするようになりました。また、収入減による生活費の不足分を借入れで賄うようにもなった結果、支払いが困難となったため、ご相談に来られました。

静岡県在住case121

事情

F様は、親族が所有する土地の上に住宅を建て、住宅ローンを組みました。その後、勤務先の都合で減給があり、借入れを始めました。また、減給のストレスから、ギャンブルにのめり込んでしまい、さらに借入れが増えました。
個人再生手続をとるべく、他の法律事務所に依頼をしましたが、その対応に問題があり、当事務所に相談に来られました。

神奈川県在住case120

事情

E様は、夫とともに戸建住宅を購入し、ペアローンを組みました。当初、返済に問題はありませでしたが、子の誕生により、フルで働くことが難しくなり、世帯収入が減少したことから、徐々に借入れに依存するようになりました。

その後も、勤務先で残業代が支給されなくなるなど、収入が増加することはなく、返済が困難になってしまいました。

神奈川県在住case119

事情

D様は、戸建住宅を購入し、奥様とペアローンを組みました。子が誕生した際、奥様が産休を取ったことから、世帯収入が減少し、借入れをするようになりました。その後も、子の保育園の送迎等で、奥様がフルに働くことができず、家計に余裕は生じませんでした。
さらに、遠方に住む母の介護などのため、交通費の負担も増えました。こうしたことから、住宅ローンを除いて、約800万円の負債を抱え、返済が困難になってしましました。

東京都在住case118

事情

C様は、営業職で歩合給の変動が大きかったため、収入が安定せず、生活費や住宅ローンの返済のため、借入れを始めるようになりました。また、株、FX等の投資も頻繁にしましたが、上手くいかず、大きな損失を出してしまいました。こうして、住宅ローンを除いて、2500万円を超える負債を抱え、自分ではどうしようもできなくなってしまいました。