ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

千葉県在住case151

ご依頼者様の基本情報

G様/40代/男性/千葉県在住/会社員

受任前の状況

事情

G様は、給与が歩合制だったため、毎月の給与の変動の幅が大きく、営業成績が伸びなかった月の生活費を補填するため、複数の業者から借入を行っていました。また、FX取引によって数百万円の損失を出したこともあり、返済が困難となったためご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収27~45万円(ほか賞与年額120万円)
資産:預貯金70万円 退職金210万円 保険解約返戻金90万円 自動車(評価額54万円)
自宅マンション(住宅ローンを控除した査定額232万円)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 800,000円 20,000円
B社 900,000円 15,000円
Cファイナンス 360,000円 30,000円
D銀行 3,420,000円 40,000円
E銀行 170,000円 5,000円
Fファイナンス 810,000円 20,000円
Gファイナンス 1,920,000円 27,000円
H銀行 1,080,000円 20,000円
合計 9,460,000円 177,000円
I銀行(住宅ローン) 17,120,000円 78,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

A社 410,000円 7,000円
B社 460,000円 8,000円
Cファイナンス 190,000円 3,000円
D銀行 1,750,000円 29,000円
E銀行 90,000円 1,000円
Fファイナンス 410,000円 7,000円
Gファイナンス 980,000円 16,000円
H銀行 550,000円 9,000円
合計 4,840,000円 80,000円
I銀行(住宅ローン) 17,120,000円 78,000円

コメント

G様は、年収が高く、自宅マンションを含む多額の資産も所有していたため、個人再生手続(給与所得者等再生)を選択しました。そして、清算価値基準での再生計画案を予定していたため、住宅ローンの返済回数が増えて自宅マンションの価値が上がらないように、申立てを速やかに行いました。
申立後の手続きも円滑に進み、申立てから3ヶ月後に無事認可決定を得ることができました。毎月の返済金額も余裕をもって返済できる範囲に抑えることができました。