ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case159

ご依頼者様の基本情報

Z様/30代/男性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

Z様は、パチンコ等のギャンブル資金や飲食費のために継続的に借入れをするようになりました。また、交際相手と同居していましたが、交際にあたってトラブルがあり、住居に関する費用を負担することとなり、返済が困難になってしまいました。

収入・資産の状況

収入:月収20万円(ほか賞与年額50万円)
資産:ほぼなし

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 100,000円 3,000円
B社 120,000円 15,000円
C社 50,000円 3,000円
Dカード 150,000円 8,000円
E社 1,200,000円 30,000円
Fカード 330,000円 15,000円
G銀行 1,610,000円 20,000円
H銀行 540,000円 10,000円
I社 60,000円 2,000円
J社 1,200,000円 150,000円
合計 5,360,000円 256,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 20,000円 初回一括
B社 20,000円 初回一括
C社 10,000円 初回一括
Dカード 30,000円 初回一括
E社 240,000円 6,000円
Fカード 70,000円 2,000円
G銀行 320,000円 10,000円
H銀行 110,000円 3,000円
I社 10,000円 初回一括
J社 240,000円 6,000円
合計 1,070,000円 27,000円

コメント

借入原因がギャンブル等にあったため自己破産の場合は免責不許可事由に該当する可能性があったこと、少しでも返済をしていきたいという意向があったことから、小規模個人再生の方針としました。
個人再生手続にあたって、個人再生委員からも問題は指摘されず、債権者から過半数の反対も出されなかったことから、無事再生計画は認可されました。借金も1/5程度に減縮され、毎月の返済額も2万7000円にまで軽減されました。

依頼者の声