ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case160

ご依頼者様の基本情報

A様/40代/男性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

A様は、ギャンブルや飲食など浪費的な行動を繰り返したことにより借入れを増加させてしまいました。その後、転職期間中に収入が減少し、返済が困難になってしまいました。そこで、別の法律事務所に債務整理の依頼をしましたが、辞任され、どうしようもできなくなって相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収35万円(ほか賞与年額50万円)
資産:ほぼなし

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 1,100,000円 当事務所にご依頼いただく前に、
他事務所に依頼していたことから、
既に返済はストップしていました。
B社 1,070,000円
C銀行 1,130,000円
Dカード 1,460,000円
Eカード 540,000円
F銀行 180,000円
合計 5,480,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 220,000円 6,000円
B社 210,000円 6,000円
C銀行 230,000円 7,000円
Dカード 290,000円 8,000円
Eカード 110,000円 3,000円
F銀行 40,000円 初回一括
合計 1,100,000円 30,000円

コメント

自己破産では免責不許可事由に該当する可能性が高かったことから、小規模個人再生の方針としました。
申立後、特段問題となる点はなく、債権者から過半数の反対も出されなかったため、無事再生計画には認可されました。