ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

埼玉県在住case163

ご依頼者様の基本情報

D様/60代/男性/埼玉県在住/会社員

受任前の状況

事情

D様は、子の大学費用の補填のために複数の銀行から借入れを始めました。また、10年ほど前からFX取引を行うようになり、数百万円の損失を計上しました。そして、その穴埋めをするため、複数の金融機関からの借入金をFX取引に投資するようになり、セミナーや商材にも手を出すようになりました。しかし、利益を上げることはできず、多額の負債が残り、返済が困難になったため、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収28万円
資産:預貯金24万円 保険解約返戻金10万円 自動車30万円(時価) 自宅不動産130万円(査定額)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 2,970,000円 75,000円
B社 290,000円 50,000円
C社 290,000円 9,000円
D銀行 1,670,000円 20,000円
E社 730,000円 18,000円
F社 650,000円 40,000円
Gカード 560,000円 10,000円
Hカード 2,430,000円 35,000円
I銀行 4,640,000円 45,000円
J銀行 1,740,000円 50,000円
K銀行 570,000円 10,000円
L銀行 550,000円 10,000円
M銀行 340,000円 10,000円
N銀行 400,000円 8,000円
O社 1,410,000円 27,000円
合計 19,240,000円 417,000円
P銀行(住宅ローン) 1,760,000円 100,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 520,000円 10,000円
B社 50,000円 1,000円
C社 50,000円 1,000円
D銀行 290,000円 6,000円
E社 130,000円 3,000円
F社 110,000円 2,000円
Gカード 100,000円 2,000円
Hカード 420,000円 9,000円
I銀行 810,000円 19,000円
J銀行 310,000円 6,000円
K銀行 100,000円 2,000円
L銀行 100,000円 2,000円
M銀行 60,000円 1,000円
N銀行 70,000円 1,000円
O社 250,000円 5,000円
合計 3,370,000円 70,000円
P銀行(住宅ローン) 1,760,000円 100,000円

コメント

D様は、ご自宅をお持ちでしたので、個人再生手続きを選択せざるを得ませんでした。そして、債権者数が多く、再生計画案に反対されるおそれがあったため、給与所得者再生での申立てとなりました。その結果、債権者への返済額が多額になり、さらに住宅ローンの返済もあったため、D様の収入だけでは履行可能性がない状況でした。
しかし、奥様とお子様の援助を受けられることになり、その旨を裁判所に丁寧に説明して、最終的には住宅資金特別条項付きの再生計画案の認可を受けることができました。
本件は、個人再生手続の中でも認可までのハードルが高い事案でしたが、無事認可決定を得ることができ、T様もほっとされていました。

依頼者の声