ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case170

ご依頼者様の基本情報

K様/50代/男性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

K様は、親族が経営する会社で勤務をしていましたが、その会社の経営が悪化したため、長期間給与が支給されなかったことに加え、会社借入れの連帯保証人になっていたことから、連帯保証債務の請求を受けるようにもなりました。その後、転職して安定した収入が見込めるようになりましたが、返済のために借入れを継続せざるを得ない状況が続きました。

収入・資産の状況

収入:月収50万円
資産:預貯金160万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 590,000円 10,000円
B社 1,300,000円 20,000円
C銀行 2,070,000円 20,000円
D銀行 1,660,000円 15,000円
E社 6,900,000円 240,000円
F銀行 2,220,000円 30,000円
G銀行 1,100,000円 15,000円
H銀行 7,160,000円 95,000円
I社 20,000円 10,000円
J社 10,000円 1,000円
K社 220,000円 100,000円
合計

23,250,000円 466,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 80,000円 1,000円
B社 170,000円 3,000円
C銀行 270,000円 5,000円
D銀行 210,000円 4,000円
E社 890,000円 15,000円
F銀行 290,000円 5,000円
G銀行 140,000円 2,000円
H銀行 920,000円 15,000円
I社 3,000円 初回一括
J社 1,000円 初回一括
K社 30,000円 初回一括
合計 3,004,000円 50,000円

コメント

K様は、受任時、住宅を保有されていたことから、当該住宅を残すため、小規模個人再生の方針としましたが、その後、離婚され、住宅を売却し、住宅ローンを完済しました。
しかし、少しでも返済をしたいという意向が強く、安定した収入も見込まれたことから、方針の変更はしませんでした。
申立後、特段問題となる点はなく、円滑に手続は進行し、債権者から過半数の不同意も出なかったため、無事再生計画は認可されました。

依頼者の声