ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case181

ご依頼者様の基本情報

V様/20代/女性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

V様は、体調を崩し、無収入の期間があり、この間の生活費を補填するため、借入れを始めました。その後、復職をして稼働するようになりましたが、返済を賄えるだけの収入がなく、返済のために借入れをせざるを得ない悪循環に陥ってしまいました。

収入・資産の状況

収入:月収22万円(ほか賞与年額60万円)
資産:保険解約返戻金190万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 550,000円 11,000円
Bカード 1,140,000円 60,000円
C社 150,000円 70,000円
Dカード 490,000円 30,000円
E社 980,000円 40,000円
F社 390,000円 6,000円
Gカード 1,510,000円 60,000円
H社 910,000円 20,000円
合計 6,120,000円 297,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 170,000円 3,000円
Bカード 360,000円 6,000円
C社 50,000円 初回一括
Dカード 150,000円 2,000円
E社 300,000円 5,000円
F社 120,000円 2,000円
Gカード 470,000円 8,000円
H社 280,000円 5,000円
合計 1,900,000円 31,000円

コメント

破産の検討もしましたが、資産である保険を残したいという強い希望がありましたので、小規模個人再生の方針としました。
保険による清算価値基準での弁済となりましたが、特段問題となる点はなく、再生計画は認可されました。無事保険を残すことができました。

依頼者の声