ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

神奈川県在住case183

ご依頼者様の基本情報

X様/40代/男性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

X様は、自宅購入後にローンの支払いが生じた後も生活水準を下げることができず、借入れをすることが増えていきました。その結果、収入に比して支出が上回る状況が5年以上続き、返済が困難となったため、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収40万円(ほか賞与年額130万円)
資産:退職金見込額314万円 自宅不動産4100万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 3,940,000円 85,000円
B銀行 3,300,000円 30,000円
C銀行 960,000円 20,000円
D銀行 2,700,000円 35,000円
合計 10,900,000円 170,000円
E銀行(住宅ローン) 38,190,000円 98,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 1,510,000円 25,000円

B銀行 1,270,000円 21,000円
C銀行 370,000円 6,000円
D銀行 1,030,000円 18,000円
合計 4,180,000円 70,000円
E銀行(住宅ローン) 38,190,000円 98,000円

コメント

自宅を所有されていたため、破産手続を避けて、小規模個人再生手続きを選択しました。弁護士介入後、すぐに収支状況を見直されたため、余裕を持って返済原資を準備できる家計状況になりました。
申立後は、自宅の不動産査定書を改めて提出する等、裁判所に対して追加の報告等を行い、履行テストによる積立ても滞りなく行うことができました。
その結果、申立てから5ヶ月後に無事認可決定を得ることができました。