ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

神奈川県在住case4

ご依頼者様の基本情報

D様/30代/女性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

仕事のストレスなどから、クレジットカードを利用した買い物が止められなくなり、ご相談いただいた時には1000万円を超える借入がありました。月々の支払いは月収と変わらない金額まで膨らんでいました。
借入の原因が浪費であり、免責の点に問題がありましたので、小規模個人再生手続を選択しました。

収入・資産の状況

保険解約返戻金 約70万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 200,000円 10,000円
B社 500,000円 10,000円
C社 1,520,000円 35,000円
D社 1,030,000円 20,000円
E社 920,000円 42,000円
F社 300,000円 5,000円
G社 100,000円 4,000円
H社 1,000,000円 25,000円
I社 2,330,000円 35,000円
J社 300,000円 6,000円
K社 3,070,000円 30,000円
合計 11,270,000円 222,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 40,000円 1,000円
B社 100,000円 2,000円
C社&D社 510,000円 10,000円
E社 200,000円 4,000円
F社 66,000円 1,500円
G社 23,000円 500円
H社 220,000円 5,000円
I社 506,000円 10,000円
J社 65,000円 1,500円
K社 655,000円 14,000円
合計 2,385,000円 49,500円

コメント

3年の弁済期間では毎月の弁済額が多く、履行にやや不安がありましたが、毎月安定した収入があり、今後も継続して就業できる見込みがあったことから、裁判所に対して4年間での弁済を上申し、無事再生計画認可決定を得ました。
結果、債務額は約1100万円から240万円まで減らすことができ、毎月の返済額も4分の1以下になりました。