ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

福岡県在住case5

ご依頼者様の基本情報

E様/30代/男性/福岡県在住/会社員

受任前の状況

事情

E様は交際費等で借入が嵩み、負債額は700万円程度になっていました。
他事務所では破産を勧められ、一度は破産手続きを依頼していましたが、可能な限り返済をしたいとの希望があり、なんとかならないかと当事務所に相談にいらっしゃいました。
家計状況を確認したところ、個人再生手続での弁済が十分可能であると考えられましたので、個人再生手続をとることにしました。

収入・資産の状況

資産は特にありませんでした。

負債の状況

借入先 借入残高
A社 95,000円
B社 560,000円
C社 1,900,000円
D社 73,000円
E社 1,400,000円
F社 2,000,000円
G社 720,000円
H社 180,000円
I社 220,000円
J社 54,000円
合計 7,202,000円

当事務所にご依頼いただく前に、他事務所に依頼していたことから、既に返済はストップしていました。

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 23,000円 600円
B社 120,000円 3,000円
C社 460,000円 13,000円
D社 15,000円 1,200円
E社 410,000円 11,000円
F社 540,000円 15,000円
G社 140,000円 4,000円
H社 42,000円 1,200円
I社 43,000円 1,200円
J社 11,000円 300円
合計 1,804,000円 50,500円

コメント

破産手続きを最初に他事務所に依頼してから、長期間支払いをしていなかったため、遅延損害金が付加され、債務総額は900万円を超えていましたが、無事に3年間での再生計画が認可され、債務総額は180万円、毎月の返済額も5万円程度まで圧縮されました。
毎月の収入からすると、返済額が多いようにも感じますが、年間100万円近い賞与があることから、3年間での支払いに問題はないとの判断となりました。

依頼者の声