ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case11

ご依頼者様の基本情報

K様/40代/女性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

K様は10年ほど前に来日された方で、母国で生活をしているご家族への仕送りを優先したため、生活費が不足しがちになり、頻繁に借入れをするようになりました。
毎月40万円以上の収入はありましたが、家族への仕送りをしなければならず、これ以上の返済は困難であると判断されて、当事務所へ相談に来られました。

収入・資産の状況

月収:約41万円 資産:特になし

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 2,640,000円 100,000円
B社 1,560,000円 50,000円
C社 1,970,000円 25,000円
合計 6,170,000円 175,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 540,000円 15,000円
B社 330,000円 9,000円
C社 420,000円 12,000円
合計 1,290,000円 36,000円

コメント

全額の返済は無理ですが、少しでも返済をしたいというご本人の意向でした。また、I様は相当額の月収があり、今後も安定的に収入を得られる状況でしたので、5分の1に圧縮された債務を返済する資力が十分にありました。そのため、破産手続ではなく、個人再生手続を選択しました。
債権者からの反対もなく、申立てから約5ヶ月後に再生計画は無事認可されました。

依頼者の声