ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

神奈川県在住case20

ご依頼者様の基本情報

Z様/50代/男性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

Z様は、ご家族の介護のために退職されたことをきっかけに借入が増えてしまいましたが、再度仕事ができる環境になったことから、借金の整理をしたいと考え個人再生手続を取ることにしました。

収入・資産の状況

収入 月収:約20万円 ボーナス:年間約40万円
資産 マンション(オーバーローン) 保険解約返戻金:約10万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 910,000円 30,000円
B社 1,100,000円 40,000円
C社 3,830,000円 100,000円
D社 43,000円 20,000円
E社 340,000円 50,000円
F社 2,860,000円 70,000円
合計(住宅ローン除く) 9,083,000円 310,000円
G社(住宅ローン) 40,000,000円 138,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 220,000円 6,200円
B社 230,000円 6,500円
C社 900,000円 25,000円
D社 13,000円 13,000円
E社 78,000円 2,200円
F社 710,000円 20,000円
合計(住宅ローン除く) 2,151,000円 72,900円
G社(住宅ローン) 40,000,000円 138,000円

コメント

Z様ご本人のみの収入だけでは再生計画の履行は不可能な状態でしたが、ご家族が事情を知っており、返済に協力をしていただける状況でした。そこで、同居のご家族の収入を含めると、履行可能性が見込まれるということで、無事認可となりました。