ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case21

ご依頼者様の基本情報

A様/30代/男性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

A様は、FX取引の失敗により、多額の負債を負ってしまいました。しかし、持ち家があったため、自宅を残したいとご希望され、個人再生手続を申立てることにしました。

収入・資産の状況

収入  月収:約35万円 ボーナス:年間約90万円
資産  自宅不動産 保険解約返戻金:約70万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 1,380,000円 20,000円
B社 1,130,000円 50,000円
C社 1,160,000円 30,000円
D社 2,860,000円 35,000円
E社 510,000円 10,000円
F社 1,000,000円 20,000円
合計(住宅ローン除く) 8,040,000円 165,000円
G社(住宅ローン) 18,200,000円 90,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 350,000円 10,000円
B社 280,000円 8,000円
C社 250,000円 7,000円
D社 700,000円 19,000円
E社 100,000円 3,000円
F社 200,000円 5,000円
合計(住宅ローン除く) 1,880,000円 52,000円
G社(住宅ローン) 18,200,000円 90,000円

コメント

A様は、奥様と住宅ローンのペアローンを組んでおり、本来であれば奥様と個人再生の同時申し立てをしなければならない事案でした。しかし、奥様には住宅ローン以外の借入がなく、個人再生申し立てをするメリットがなかったことから、裁判所に事情を説明し、A様単独での手続を認めてもらうことができました。無事、認可決定を得ることができました。

依頼者の声