ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

神奈川県在住case31

ご依頼者様の基本情報

K様/40代/女性/神奈川県在住/パート

受任前の状況

事情

K様は、お子様の学費のために借入を始めました。その後、自営業が上手くいかずに、生活費のための借入をした結果、総額で700万円近い負債を抱えてしまいました。到底返済できない状況になったため、個人再生手続を申立てることにしました。

収入・資産の状況

月収:20万円 資産:マンション(オーバーローン)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 380,000円 17,000円
B社 900,000円 34,000円
C社 370,000円 9,000円
D社 60,000円 6,000円
E社 2,370,000円 17,000円
F社 2,670,000円 17,000円
G社 750,000円 20,000円
合計(住宅ローン除く) 7,500,000円 120,000円
H社(住宅ローン) 17,880,000円 59,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 80,000円 2,000円
B社 180,000円 4,000円
C社 70,000円 1,000円
D社 10,000円 200円
E社 480,000円 10,000円
F社 530,000円 10,000円
G社 150,000円 3,000円
合計(住宅ローン除く) 1,500,000円 30,200円
H社(住宅ローン) 17,880,000円 59,000円

コメント

ご本人の収入だけでは、計画弁済額に対してやや余剰が少ない状況でしたが、同居している弟からの住宅ローンの援助があったため、無事認可決定が出ました。住宅ローン以外の毎月の返済額も、受任前の約4分の1になりました。

依頼者の声