ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

千葉県在住case42

ご依頼者様の基本情報

V様/40代/男性/千葉県在住/会社員

受任前の状況

事情

V様は、月20万円程度も飲食代(飲み代)を出費していた時期があり、カードを利用するようになりました。その後、勤務していた会社の業績が悪化し、給与・賞与が相当程度減額されてしまったことから、この補填のため、さらに、借入に依存するようになってしまいました。

収入・資産の状況

月収:40万円(ほか、賞与あり)
資産:退職金見込額約550万円、保険解約返戻金57万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 1,447,000円 63,000円
B社 2,157,000円 53,000円
C社 1,130,000円 28,000円
D社 613,000円 30,000円
E社 408,000円 18,000円
F社 318,000円 10,000円
G社 531,000円 10,000円
H社 1,752,000円 20,000円
合計 8,356,000円 232,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 290,000円 8,000円
B社 430,000円 12,000円
C社 226,000円 6,000円
D社 123,000円 3,400円
E社 82,000円 2,200円
F社 64,000円 1,700円
G社 106,000円 3,000円
H社 350,000円 9,700円
合計 1,671,000円 46,000円

コメント

現状では返済が困難であったものの、安定した収入があったことから、個人再生手続を採れば、十分に経済的再生が可能でした。債権者の債権額も散逸しており、また、退職金等の資産もありましたが、清算価値基準にはならない見込みでした。
受任後は、徹底した家計の管理をお願いして、収入の範囲で生活をする習慣を付けていただきました。

申立後、裁判所からは何の指摘もなく、履行テストも問題なく履行できた結果、無事、再生計画が認可されました。受任前は23万円を超えていた毎月の支払額が4万6000円まで減少し、これを3年間で返済していくことになりました。

依頼者の声