ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case43

ご依頼者様の基本情報

W様/40代/男性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

W様は、病気に罹ったことで思うように働くことができず、生活費や家賃の支払いに充てるため、複数の業者から借入れをしました。その後、他の法律事務所へ個人再生手続を依頼していましたが、辞任されてしまった、当事務所へご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月額25万円 資産:特になし

負債の状況

借入先 借入残高
A社 1,450,000円
B社 500,000円
C社 2,400,000円
D社 130,000円
E社 1,150,000円
F社 1,550,000円
合計 7,180,000円

既に他の法律事務所に依頼していたため、返済はストップしていました。

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 300,000円 6,000円
B社 100,000円 2,000円
C社 670,000円 14,000円
D社 30,000円 初回一括返済
E社 230,000円 5,000円
F社 310,000円 6,600円
合計 1,640,000円 63,600円

コメント

W様は、破産は避けたいとのことでしたので、個人再生手続(小規模個人再生)の方針としました。
しかし、3年(36ヶ月)払いでは、原資の確保が難しく、裁判所に履行可能性がないと判断されるおそれがありました。そこで、4年(48ヶ月)払いでの再生計画案を提出したところ、提出から2ヶ月後に再生計画は無事認可されました。