ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

千葉県在住case45

ご依頼者様の基本情報

Y様/30代/男性/千葉県在住/会社員

受任前の状況

事情

Y様は、毎月の収入の多くをパチンコやオンラインカジノなどのギャンブルに注ぎ込み、生活費が不足したため借入れを開始しました。収入が増加せず、次第に自転車操業状態になったため、相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月額21万円 資産:預貯金22万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 1,540,000円 25,000円
B社 90,000円 10,000円
C社 870,000円 25,000円
D社 30,000円 7,000円
E社 240,000円 8,000円
F社 3,330,000円 60,000円
G社 630,000円 20,000円
H社 650,000円 20,000円
合計 7,380,000円 175,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 310,000円 8,000円
B社 20,000円 500円
C社 170,000円 5,000円
D社 6,000円 200円
E社 50,000円 1,000円
F社 670,000円 20,000円
G社 120,000円 3,000円
H社 130,000円 4,000円
合計 1,476,000円 41,700円

コメント

Y様の債務は、ギャンブルを原因とした借金であり、破産申立をしても免責されないおそれがあったため、個人再生手続(小規模個人再生)の方針としました。
毎月の原資を確保できる家計状況だったため、3年(36回)払いでの再生計画案を提出し、無事認可されました。

依頼者の声