ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

埼玉県在住case49

ご依頼者様の基本情報

C様/50代/男性/埼玉県在住/契約社員

受任前の状況

事情

C様は、自宅の購入及びお子さんの出生をきっかけに、住宅ローン返済後の生活費の補填や教育費に充てるために借入れが増加していきました。

収入・資産の状況

収入:月収35万円(アルバイト収入含む)
資産:住宅(オーバーローン),自動車

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 870,000円 42,000円
B社 600,000円 17,000円
C社 560,000円 13,000円
D社 2,260,000円 30,000円
E社 800,000円 46,000円
F社 1,080,000円 20,000円
G社 860,000円 30,000円
合計(住宅ローン除く) 7,030,000円 198,000円
H社(住宅ローン) 21,940,000円 86,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 170,000円 5,000円
B社 120,000円 3,000円
C社 110,000円 3,000円
D社 450,000円 13,000円
E社 160,000円 4,000円
F社 220,000円 6,000円
G社 170,000円 5,000円
合計(住宅ローン除く) 1,400,000円 39,000円
G社(住宅ローン) 21,940,000円 86,000円

コメント

受任時は、住宅ローンも合わせると、約定返済額は月約30万円に達しており、月収がほぼ残らない状態でした。受任により一旦これがストップする中で、申立までの間に、配偶者の方と協力して、今までの支出状況について見直しを図っていただきました。
債権者からの提訴が見込まれていたため、早めに申立を行う必要がありました。
受任から約半年後に申立を行い、それから約5ヶ月後、無事、認可決定を受けることができました。

依頼者の声