ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case51

ご依頼者様の基本情報

E様/40代/男性/東京都在住/派遣社員

受任前の状況

事情

E様は、趣味のバイクを10台以上買い換え、その費用を借入れで賄っていたため、債務を増大させてしまいました。また、バイク事故を原因とするケガを負い、欠勤することが増えて収入が減少し、生活費も借入れるようになりました。
そして、徐々に自転車操業状態になり、返済が困難になったため、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月額12万円 資産:バイク(評価額15万円)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 300,000円 13,000円
B社 1,000,000円 340,000円
C社 300,000円 10,000円
D社 3,400,000円 60,000円
E社 200,000円 7,000円
合計 5,200,000円 430,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 65,000円 2,000円
B社 210,000円 6,000円
C社 55,000円 1,500円
D社 680,000円 19,000円
E社 40,000円 1,000円
合計 1,050,000円 29,500円

コメント

E様自身に、少しでも返済をしていきたいとの強いご希望があったため、個人再生手続を採ることにしました。
しかし、自身の給与だけでは、債権者への返済原資を確保できない状況だったため、奥様(月収20万円)の協力を得て、返済原資を準備しました。また、申立てに先立ち、区役所と滞納していた税金の分納協議をして、家計を見直していただきました。

申立後は、滞りなく手続きは進み、6ヶ月後に再生計画の認可決定が下りました。

依頼者の声