ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

神奈川県在住case63

ご依頼者様の基本情報

R様/40代/男性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

R様は、給与の減少のため、生活費を補填する必要があったこと、住宅ローンの負担のほか、自動車やバイクもローンで購入してその返済の負担が増大してしまったことから、返済条件等を見直すべく相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収34万円
資産:預貯金25万円,財形貯蓄27万円,退職金見込額850万円,保険解約返戻金80万円
車両3台(合計45万円),不動産(オーバーローン)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 4,070,000円 114,000円
B社 2,080,000円 12,000円
C社 2,600,000円 30,000円
D社 1,690,000円 45,000円
E社 3,000,000円 23,000円
F社 3,860,000円 30,000円
合計(住宅ローン除く) 17,300,000円 254,000円
G社(住宅ローン) 29,700,000円 58,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 706,000円 12,000円
B社 360,000円 6,000円
C社 450,000円 7,500円
D社 293,000円 4,900円
E社 520,000円 8,600円
F社 671,000円 11,200円
合計(住宅ローン除く) 3,000,000円 50,200円
G社(住宅ローン) 29,700,000円 58,000円

コメント

資産が多く、また、安定した収入があったほか、住宅を残したいという希望がありましたので、個人再生(小規模個人再生)の方針としました。
受任後は、家計を見直していただき、収入の範囲内での支出を心がけていただきました。
申立後、特段問題がなく手続が進み、無事認可を得ることができました。毎月の返済額も5分の1以下となり、家計の再生を図ることができました。

依頼者の声