ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

埼玉県在住case69

ご依頼者様の基本情報

X様/30代/男性/埼玉県在住/会社員

受任前の状況

事情

X様は、仕事で出張が多く、その交通費や宿泊費を支払うためにカードを利用するようになりました。また、大学時代の奨学金の返済も始まり、次第に返済が困難になってしまいました。

収入・資産の状況

収入:月収32万円(ほか賞与年額25万円)
資産:預貯金60万円,土地(共有名義,査定額77万円)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 2,070,000円 55,000円
B社 90,000円 7,000円
C社 2,360,000円 50,000円
D社 2,830,000円 65,000円
E社 740,000円 25,000円
F社 210,000円 15,000円
G社 4,700,000円 32,000円
合計 13,000,000円 249,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 410,000円 12,000円
B社 20,000円 初回一括返済
C社 470,000円 13,000円
D社 570,000円 16,000円
E社 150,000円 4,000円
F社 43,000円 初回一括返済
G社 940,000円 26,000円
合計 2,603,000円 71,000円

コメント

安定した収入があったこと、少しでも返済していきたいという希望があったことから、小規模個人再生の方針としました。
申立後、特段問題となる点はなく、清算価値も総債務額の1/5を下回っていたので、弁済額が清算価値基準になることもありませんでした。
債権者からの反対もなく、再生計画は無事認可され、25万円近くあった毎月の返済額が、3年間で月額約7万円になり、家計の立て直しを図ることができました。