ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

神奈川県在住case73

ご依頼者様の基本情報

B様/40代/女性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

B様は、会社を休職していた期間の生活費の不足分を補うため複数の銀行から借入れを開始しました。復職後もなかなか給与が増額しなかったため借入れは続き、毎月の返済額が10万円近くになり、これ以上の返済を続けることは不可能であると判断し、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

月収:24万円
資産:預貯金33万円 退職金見込額88万円、保険解約返戻金16万円 株式14万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 710,000円 10,000円
B社 2,870,000円 25,000円
C社 2,490,000円 40,000円
D社 970,000円 20,000円
合計 7,040,000円 95,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 140,000円 3,000円
B社 580,000円 12,000円
C社 500,000円 10,000円
D社 190,000円 4,000円
合計 1,410,000円 29,000円

コメント

債権者への返済に充てる原資が十分にあり、本人のご希望もあったため、個人再生手続を選択しました。
申立後、3年間の再生計画案を提出したところ、債権者の反対もなかったため、申立てから5ヶ月後に再生計画案は無事認可されました。

依頼者の声