ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

神奈川県case75

ご依頼者様の基本情報

D様/50代/男性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

D様は、競馬を中心とするギャンブルにのめり込んでしまい、その資金捻出のため、借入を継続していました。返済が困難になる中で、競馬で当てて返済しようと安易に考えてしまい、さらなる悪循環に陥ってしまいました。

収入・資産の状況

収入:月収33万円
資産:預貯金15万円,出資金3万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 160,000円 20,000円
B社 1,000,000円 20,000円
C社 520,000円 15,000円
D社 3,030,000円 62,000円
E社 630,000円 20,000円
F社 300,000円 10,000円
G社 3,160,000円 40,000円
合計 8,800,000円 187,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 30,000円 800円
B社 200,000円 5,000円
C社 100,000円 3,000円
D社 610,000円 17,000円
E社 130,000円 3,000円
F社 60,000円 2,000円
G社 630,000円 18,000円
合計 1,760,000円 48,800円

コメント

借入原因がギャンブルであったこと、少しでも返済をしていきたいという希望があったことから、小規模個人再生の方針としました。
受任後は、ギャンブルで浪費した生活を改善していただき、収入の範囲内で家計が回るよう更生していただきました。
申立後、特段問題となる点はなく、再生計画は無事認可されました。900万円近くあった負債が1/5になり、3年間、毎月の負担も5万円を下回り、家計に余裕ができました。

依頼者の声