ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

千葉県在住case80

ご依頼者様の基本情報

J様/50代/男性/千葉県在住/会社員

受任前の状況

事情

J様は、父の債務を分割で返済するために、複数の銀行等から借入れをされていました。しかし、勤務先の売り上げの減少により給与が大幅に減額し、家賃補助等もなくなってしまうことから、これ以上の返済は困難であると判断され、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収30万円
資産:預貯金28万円、保険解約返戻金41万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 3,300,000円 30,000円
B社 560,000円 20,000円
C社 1,800,000円 30,000円
合計 5,300,000円 80,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 650,000円 18,000円
B社 110,000円 3,000円
C社 420,000円 11,000円
合計 1,180,000円 28,000円

コメント

本件は、事情により破産をすると仕事に影響が出てしまうため、破産申立を選択することはできませんでした。また、J様の可処分所得も多額になるため、給与所得者再生を選択することも困難でした。
他方で、債権者が3社のみで、これまでに小規模個人再生手続での再生計画案に反対をすることが多かった債権者が含まれていたため、どの選択肢を取るべきかをJ様と時間をかけて検討しました。その間に、訴訟提起を行った債権者もいましたが、適切に応訴をいたしました。
そして、上記債権者に確認を取ったところ、本件では再生計画案に反対をしないとの回答を得られたため、最終的に小規模個人再生で申立てをしました。
申立後は、円滑に手続が進み、再生計画案に反対されることもなく、申立てから4ヶ月後に無事認可を得ることができました。
J様は、本件が複雑な事案であることを認識されていたため、最終的な結果が出るまでご心配されていましたが、無事認可決定を得られたことでとても安心されていました。