ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

長野県在住case86

ご依頼者様の基本情報

Q様/40代/女性/長野県在住/会社員

受任前の状況

事情

Q様は、病気や仕事のストレスから衝動的に買い物を繰り返すようになり、キャッシングやショッピングでカードを頻繁に利用するようになりました。その後、返済のために借入れを継続しなければならない状況が続き、ご自身ではどうしようもできなくなりご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収15万円
資産:保険解約返戻金84万円,有価証券32万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 810,000円 33,000円
B社 1,570,000円 67,000円
C社 1,540,000円 30,000円
D社 900,000円 33,000円
合計 4,820,000円 163,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 230,000円 7,000円
B社 450,000円 13,000円
C社 440,000円 12,000円
D社 260,000円 7,000円
合計 1,380,000円 39,000円

コメント

破産もやむを得ない状況でしたが、保険や有価証券を残したいという希望と、少しでも返済をしていきたいという強い意思があったため、個人再生の方針としました。
2年分の可処分所得が約45万円で、清算価値(約140万円)に満たなかったため、給与所得者等再生で申立てをしました。
申立後、特段問題となる点はなく、無事再生計画は認可され、手続前は月16万円以上あった月の負担額が4万円以下(3年間)に抑えることができました。