ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case92

ご依頼者様の基本情報

W様/40代/男性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

W様は、長らく生活費の補填や代金決済のためクレジットカードを利用していたことに加え、仕事で遠方に出張する際の経費立替え、出向に伴う引越費用などの捻出のため、繰り返し数十万円単位の借入れをしていました。その後、返済のために借入れをせざるを得ない悪循環に陥ってしまいました。

収入・資産の状況

収入:月収33万円
資産:保険解約返戻金7万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 1,230,000円 56,000円
B社 270,000円 24,000円
C社 85,000円 10,000円
D社 1310,000円 26,000円
E社 2,340,000円 50,000円
F社 3,390,000円 70,000円
G社 2,080,000円 40,000円
H社 530,000円 10,000円
合計 11,235,000円 286,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 3か月の返済額
A社 250,000円 12,400円
B社 53,000円 2,700円
C社 17,000円 初回一括
D社 260,000円 13,000円
E社 470,000円 23,400円
F社 680,000円 34,000円
G社 416,000円 21,000円
H社 106,000円 5,300円
合計 2,252,000円 128,800円

コメント

自己破産も検討しましたが、少しでも返済をしていきたいという希望が強く、また、借入原因の一部に浪費があったことから、個人再生(小規模個人再生)の方針としました。
申立後、再生委員の関与の下、手続は問題なく進み、債権者から過半数の反対もなかったため、再生計画は無事認可されました。
受任前は月の返済額が28万円を超えていましたが、再生手続をしたことで、5年間で3ヶ月毎に約13万円(月額約4万3000円)を返済していくことになり、家計の再建を図ることができました。