ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

栃木県在住case101

ご依頼者様の基本情報

F様/30代/男性/栃木県在住/会社員

受任前の状況

事情

F様は、転職を機に、会社の取引先の接待費や社員旅行の旅費などを賄うため、借入を始めました。また、住宅ローンや教育費の負担も増え、次第に返済が困難になってしまいました。

収入・資産の状況

収入:月収36万円
資産:預貯金5万円,保険解約返戻金45万円,自動車(125万円),自宅(オーバーローン)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 840,000円 8,000円
B社 40,000円 7,000円
C社 350,000円 12,000円
D社 1,060,000円 25,000円
E社 1,430,000円 20,000円
F社 3,110,000円 27,000円
合計(住宅ローン除く) 6,830,000円 99,000円
G社(住宅ローン) 16,910,000円 74,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 220,000円 4,000円
B社 10,000円 初回一括
C社 90,000円 2,000円
D社 280,000円 5,000円
E社 370,000円 6,000円
F社 820,000円 13,000円
合計(住宅ローン除く) 1,790,000円 30,000円
G社(住宅ローン) 16,9100,000円 74,000円

コメント

自宅を残したいという希望がありましたので、小規模個人再生の方針としました。
自宅建物敷地は親族から無償で借りて(使用貸借して)いましたが、その使用貸借権(地価の10%相当額)を含めても、住宅ローン残高の範囲内でしたので、不動産関係は清算価値に計上する必要はありませんでした。
申立後、問題なく手続は進み、債権者からの反対もなかったため、再生計画は無事認可されました。無理のない返済となり、家計の再建を図ることができました。

依頼者の声