ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

埼玉県在住case103

ご依頼者様の基本情報

H様/50代/男性/埼玉県在住/自営業

受任前の状況

事情

H様は、長年勤務していた会社の事業縮小により転職を余儀なくされ、その結果月収が大幅に減少したため、借入れを始められました。そして、住宅ローンの支払いを優先したため、生活費・返済費が不足するようになり、自転車操業状態となったため、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:30万円
資産:自動車(時価3万円),自宅不動産(オーバーローン)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 1,340,000円 26,600円
B社 40,000円 4,600円
C社 2,300,000円 49,000円
D社 100,000円 5,300円
E社 20,000円 4,000円
合計(住宅ローン除く) 3,800,000円 89,500円
F社(住宅ローン) 9,000,000円 55,000円
G社(住宅ローン) 2,300,000円 16,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 355,000円 10,000円
B社 10,000円 初回一括
C社 610,000円 17,000円
D社 27,000円 初回一括
E社 0円 0円
合計(住宅ローン除く) 1,002,000円 27,000円
F社(住宅ローン) 9,000,000円 55,000円
G社(住宅ローン) 2,300,000円 16,000円

コメント

ご自宅を所有されていたため、個人再生手続(小規模個人再生)を選択しました。
申立後に、個人再生員が選任されたため、申立てに至る経緯を丁寧に説明いたしました。その後は、債権者の反対もなく、円滑に手続は進み、免責許可決定を得ることができました。

依頼者の声