ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case104

ご依頼者様の基本情報

I様/40代/男性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

I様は、勤務先の転勤に伴い、頻繁に引越しをする必要があり、その引越費用を負担したこと、長年、パチンコを中心とするギャンブルにのめり込んでしまったことなどから、借入れを繰り返し、1200万円を超える負債を抱えてしまいました。

収入・資産の状況

収入:月収35万円(ほか賞与年額180万円)
資産:預貯金40万円,退職金見込額270万円,積立金10万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 2,000,000円 50,000円
B社 3,000,000円 65,000円
C社 1,670,000円 30,000円
D社 2,500,000円 30,000円
E社 500,000円 不明
F社 2,900,000円 40,000円
合計 12,570,000円 215,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 400,000円 11,000円
B社 590,000円 16,000円
C社 330,000円 9,500円
D社 510,000円 14,000円
E社 100,000円 3,000円
F社 580,000円 16,000円
合計 2,510,000円 69,500円

コメント

安定した収入があり、返済条件を見直せば、返済が可能であったこと、借入原因の多くがギャンブルにあり、自己破産だと免責不許可事由に該当することなどから、自己破産ではなく、個人再生(小規模個人再生)の方針としました。
受任後は、ギャンブルをしていた生活を見直し、毎月、家計表をつけることで、家計の見直しを図りました。
申立後、特段問題となる点はなく、債権者からの反対もなかったため、再生計画は無事認可されました。毎月の返済額も1/3以下となり、家計の再生を図ることができました。