ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case111

ご依頼者様の基本情報

Q様/50代/男性/東京都在住/会社員

受任前の状況

事情

Q様は、残業後のタクシー代や外泊費、出張に伴う旅費代をクレジットカードのリボ払いで支払う生活が長年続き、債務が増大していきました。また、会社の飲み会の費用をキャッシングで賄うことも頻繁にあり、気付いた時には毎月の給与では返済できない額になっていたため、相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収80万円
資産:現金140万円、預貯金50万円、保険解約返戻金140万円

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 2,850,000円 45,000円
B社 2,080,000円 20,000円
C社 1,600,000円 25,000円
合計 6,530,000円 90,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 1,240,000円 35,000円
B社 910,000円 25,000円
C社 700,000円 20,000円
合計 2,850,000円 80,000円

コメント

Q様は安定した高収入があり、再生手続に基づいた債権者への返済が十分に可能な家計状況でした。また、債権者数が少なく、1社あたりの債権額が多額でしたが、これまで再生計画案に反対をしなかった債権者でしたので、小規模個人再生手続を選択しました。
申立後の履行可能性テストも遅滞することなく積立てを行い、債権者からの反対もなかったため、申立てから6ヶ月後に無事再生計画案の認可決定を受けることができました。