ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

東京都在住case122

ご依頼者様の基本情報

G様/50代/女性/東京都在住/パート

受任前の状況

事情

G様は、数年前からインターネット上の有料占いサイトにのめり込み、保有していたクレジットカードのリボ払いで多額の支払いをするようになりました。また、収入減による生活費の不足分を借入れで賄うようにもなった結果、支払いが困難となったため、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収17万円
資産:特になし

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 510,000円 22,000円
B社 1,300,000円 37,000円
C社 310,000円 9,000円
D社 1,100,000円 23,000円
E社 410,000円 9,000円
F社 320,000円 6,000円
G社 320,000円 13,000円
合計 4,270,000円 119,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 120,000円 3,000円
B社 310,000円 8,000円
C社 70,000円 2,000円
D社 250,000円 7,000円
E社 90,000円 3,000円
F社 80,000円 2,000円
G社 80,000円 2,000円
合計 1,000,000円 27,000円

コメント

本件では、占いサイトへの短期間での多額の支払いが浪費と判断され、破産手続上の免責不許可事由になるおそれがございました。また、G様自身も少しでも債権者に返済することを希望され、家計状況も改善されたため、破産手続ではなく個人再生手続を選択しました。
申立後は、円滑に手続が進み、申立てから5ヶ月後に無事再生計画案の認可を得ることができました。