ホームページ(ドメイン)移転のお知らせ


当ホームページ(http://www.lear-law.jp/)はURLを変更しました。
新しいURLは https://sakura39-saisei.com/ です。
誠にお手数ではございますが、お気に入りやブックマークのURL変更をお願いします。


2021年3月21日 弁護士法人さくらさく法律事務所

個人再生の
解決事例

神奈川県在住case134

ご依頼者様の基本情報

X様/40代/男性/神奈川県在住/会社員

受任前の状況

事情

X様は、お子様の大学の学費に充てるため、教育ローンを借入れました。当初は滞りなく返済をしていましたが、FX取引による損失を補填するため、複数の業者から借入れを始めたことで、徐々に債務が膨らみ、返済が困難になったため、ご相談に来られました。

収入・資産の状況

収入:月収31万円
資産:預貯金12万円、保険解約返戻金9万円、自動車15万円、自宅不動産(オーバーローン)

負債の状況

借入先 借入残高 毎月の返済額
A社 1,760,000円 45,000円
B社 850,000円 36,000円
C社 40,000円 7,000円
D社 2,580,000円 85,000円
E社 1,140,000円 15,000円
F社 210,000円 10,000円
G社 40,000円 15,000円
合計(住宅ローン除く) 6,620,000円 213,000円
H社(住宅ローン) 22,190,000円 110,000円

受任後の状況

個人再生後の返済状況

借入先 認可された弁済総額 毎月の返済額
A社 350,000円 7,000円
B社 170,000円 4,000円
C社 8,000円 初回一括
D社 520,000円 11,000円
E社 230,000円 5,000円
F社 40,000円 初回一括
G社 7,000円 初回一括
合計(住宅ローン除く) 1,325,000円 27,000円
H社(住宅ローン) 22,190,000円 110,000円

コメント

X様は、ご自宅を所有していたため、個人再生手続を選択しました。
債権者への毎月の返済原資がぎりぎりの状況だったため、申立てをしてから半年間、返済原資の積立てと家計表を裁判所に提出し、履行可能性に問題がないことを説明しました。
そして、申立てから8ヶ月後に無事再生計画案の認可決定を得ることができました。

依頼者の声